発電シミュレーション

現在位置:太陽光発電入門ナビ:発電シミュレーションをしてもらう      

サイトマップ
太陽光発電の最新情報   太陽光発電のQ&A 我が家発電レポート 管理人の部屋
  
   2011.03.11の東日本大震災は多くの犠牲者を出し、私達に自然の脅威を見せ付けました。
   また、福島原発事故で将来エネルギーへの不安が広がり、そんな中で見直されたのは太陽光発電です。
   被災地にある我が家では太陽光発電システムが多いに活用でき、いざという時に役に立つものだということは
   リアルに証明されました。

   太陽光発電について分りづらいが沢山ありますが、実際に太陽光発電システムを導入した経験を基に、
   より多くの方に太陽光発電のことを理解して頂きたくサイトを立ち上げました。どうぞご参考までご利用ください。



 

基礎知識編

太陽光発電とは 

 
太陽電池の歴史

 太陽光発電の用途

 身近な太陽電池製品

太陽光発電システムについて

 分類と構成

  
 
関連設備と役目

 
日本大手メーカーガイド

太陽光発電の特徴

導入のメリット&デメリット

日照・季節と発電量の関係

太陽光システム費用編

太陽光システムの費用

補助金・助成金制度

融資制度について

余剰買収と全量買収制度

設置費用回収の目安

導入前のチェックポイント
  
メーカー特徴を把握

システム価格比較ポイント

保証期間&メンテナンスを比較

資料を集める

自家消費電気量を調べる

資金について検討する

見積書を取る

発電シミュレーションをしてもらう

契約前の確認すべきポイント

割安電力の利用について

導入後やるべきこと
  
発電量を記録する

定期点検について

電化製品の有効利用

故障と思ったら

トラブル対処方法

施工業者を選ぶポイント
 
悪質訪問販売に注意

災害時の太陽光発電

自立運転とは

災害時使用方法

停電時の使用方法
 
自然災害への耐久力について

東日本大震災で役に立ったこと

その他の気になること

大震災後の太陽光発電事情

世界の太陽光発電事情

   
 発電シミュレーションをしてもらう

 


  太陽光発電システムを導入後

  「発電量が期待より少ない」などの トラブルが起こらないように、

  発電量をあらかじめシミュレーションをしてもらいましょう。


  これは太陽光システムの費用を見積もってもらう時に

  提示してほしいデーターです。

  
  このシミュレーションの内容とはは何キロの太陽光システムを導入したら、

  毎日どれぐらいの発電量が期待できるか、自家消費を除いてどれぐらい

  売電できるか、予測発電量を提出してもらいましょう。

 

  システムの発電量は、太陽電池モジュールを設置する方向、屋根の傾斜度

  日陰の程度などの設置条件によって違いが出てきます。



  日本独立法人産業技術研究所のデーターによりますと、発電量は地域や

  年によってバラつきがありますが、日本における年間の平均発電量は、

  大体 1KW あたり約1000kwh としています。



  この平均数字を基に、一般家庭に向けの標準的な 3kwのシステムは、

  年間約3000kwhの発電量を得られることができます。



  各家庭の生活形態により大きく異なるため一概に いえませんが、

  一般家庭が使用する平均年間消費電力量は約5,500kWhとされているので、

  3000kwhの発電量は、約55%の電気がまかなえることになります。4kwの

  システムだったら、約70%を賄えるのです。


  一ヶ月の発電量は、住んでいる地域の平均日射量とそのつきの日数、

  太陽光システムの容量をかけると求めますが、実際に、温度や配線などの

  ロスにより、発電量は発電システムの70〜80%程度になることも理解して

  いただきたいです。



  この中、意外と知らないのは、温度による発電ロスです。

  太陽光発電は太陽電池パネルの温度が上がるほど発電量が減少する

  特徴があります。



  ということで、3〜5月・9〜11月は9〜15%、 6〜8月は 12〜20%、12〜2月は

  6〜10%のロスが出るとされています。










我が家の設置導入リポート編
システム詳細 見積もり書 補助金手続き編
ソーラーローン 契約編 設置工事編
運転・発電開始 トラブル編 発電・売電レポート

Copyright (C)2012〜太陽光発電入門ナビ All Rights Reserved