見積書

現在位置:太陽光発電入門ナビ:見積書を取る      

サイトマップ
太陽光発電の最新情報   太陽光発電のQ&A 我が家発電レポート 管理人の部屋
  
   2011.03.11の東日本大震災は多くの犠牲者を出し、私達に自然の脅威を見せ付けました。
   また、福島原発事故で将来エネルギーへの不安が広がり、そんな中で見直されたのは太陽光発電です。
   被災地にある我が家では太陽光発電システムが多いに活用でき、いざという時に役に立つものだということは
   リアルに証明されました。

   太陽光発電について分りづらいが沢山ありますが、実際に太陽光発電システムを導入した経験を基に、
   より多くの方に太陽光発電のことを理解して頂きたくサイトを立ち上げました。どうぞご参考までご利用ください。


 

基礎知識編

太陽光発電とは 

 
太陽電池の歴史

 太陽光発電の用途

 身近な太陽電池製品

太陽光発電システムについて

 分類と構成

  
 
関連設備と役目

 
日本大手メーカーガイド

太陽光発電の特徴

導入のメリット&デメリット

日照・季節と発電量の関係

太陽光システム費用編

太陽光システムの費用

補助金・助成金制度

融資制度について

余剰買収と全量買収制度

設置費用回収の目安

導入前のチェックポイント
  
メーカー特徴を把握

システム価格比較ポイント

保証期間&メンテナンスを比較

資料を集める

自家消費電気量を調べる

資金について検討する

見積書を取る

発電シミュレーションをしてもらう

契約前の確認すべきポイント

割安電力の利用について

導入後やるべきこと
  
発電量を記録する

定期点検について

電化製品の有効利用

故障と思ったら

トラブル対処方法

施工業者を選ぶポイント
 
悪質訪問販売に注意

災害時の太陽光発電

自立運転とは

災害時使用方法

停電時の使用方法
 
自然災害への耐久力について

東日本大震災で役に立ったこと

その他の気になること

大震災後の太陽光発電事情

世界の太陽光発電事情

   
  見積書を取りましょう

 


   太陽光システムを導入にあたり、希望の製品が決めたら、

   見積書を複数の業者からとるのはお奨めです。



   複数の業者から見積書を取ることによって、見積もり金額は適切価格

   かどうかを見極めることができます。



   その中に、とても高額すぎる業者は見積もりを再度請求してみた方が

   いいですが、極端に安すぎる業者にも要注意です。

  

   安い分はそれなりの理由があります。工事が手抜きしたり、あるいは

   抱き合わせで他の商品の購入を求められたりすることがありますので、

   気をつけましょう。




見積もり書類は業者によって様々ですが、

中には、「太陽光発電システム一式○○万円」

のようなものもあり、具体的にどんなものが

含まれているか、なにがオプションなのかは

詳細内容が書かない ものもあります。

   
   今後のトラブルのもとになるかもしれませんなので、必ず詳細見積もりを

   お願いいましょう。



   太陽光発電システムの中には、オプション部材やモニターの上位ものも

   あり、それにしたいと思っても、標準装備仕様で見積もられない場合が

   あります。



   また、分電盤や幹線(電柱から自宅にきている電線)の交換や

   引き込み線の張替えなどは別途工事となっている場合もあります。

   後日追加料金を請求されないためにも詳細な見積もり書を依頼して、

   項目ごとを確認しておくことが大切です。

















我が家の設置導入リポート編
システム詳細 見積もり書 補助金手続き編
ソーラーローン 契約編 設置工事編
運転・発電開始 トラブル編 発電・売電レポート

Copyright (C)2012〜太陽光発電入門ナビ All Rights Reserved