資金

現在位置:太陽光発電入門ナビ:資金について検討する      

サイトマップ
太陽光発電の最新情報   太陽光発電のQ&A 我が家発電レポート 管理人の部屋
  
   2011.03.11の東日本大震災は多くの犠牲者を出し、私達に自然の脅威を見せ付けました。
   また、福島原発事故で将来エネルギーへの不安が広がり、そんな中で見直されたのは太陽光発電です。
   被災地にある我が家では太陽光発電システムが多いに活用でき、いざという時に役に立つものだということは
   リアルに証明されました。

   太陽光発電について分りづらいが沢山ありますが、実際に太陽光発電システムを導入した経験を基に、
   より多くの方に太陽光発電のことを理解して頂きたくサイトを立ち上げました。どうぞご参考までご利用ください。


 

基礎知識編

太陽光発電とは 

 
太陽電池の歴史

 太陽光発電の用途

 身近な太陽電池製品

太陽光発電システムについて

 分類と構成

  
 
関連設備と役目

 
日本大手メーカーガイド

太陽光発電の特徴

導入のメリット&デメリット

日照・季節と発電量の関係

太陽光システム費用編

太陽光システムの費用

補助金・助成金制度

融資制度について

余剰買収と全量買収制度

設置費用回収の目安

導入前のチェックポイント
  
メーカー特徴を把握

システム価格比較ポイント

保証期間&メンテナンスを比較

資料を集める

自家消費電気量を調べる

資金について検討する

見積書を取る

発電シミュレーションをしてもらう

契約前の確認すべきポイント

割安電力の利用について

導入後やるべきこと
  
発電量を記録する

定期点検について

電化製品の有効利用

故障と思ったら

トラブル対処方法

施工業者を選ぶポイント
 
悪質訪問販売に注意

災害時の太陽光発電

自立運転とは

災害時使用方法

停電時の使用方法
 
自然災害への耐久力について

東日本大震災で役に立ったこと

その他の気になること

大震災後の太陽光発電事情

世界の太陽光発電事情

   
 資金について検討しましょう

 


  太陽光発電システムの設置費用は太陽電池モジュール(パネル)の枚数、

  パワコンディショナなどの機器類、設置工事費用などによって決まります。

  

  
  そのため、設置屋根の形状や場所によって、太陽電池モジュールの枚数や

  工事費などはケースバイケースとなります。設置することが決めたら、最終

  的には、施工業者は現場調査を行い、調査後見積もる必要があります。



  目安としては、住宅向けの設置で、国の補助金を受ける場合、施工業者の

  ほとんどは補助金を引いた価格以下で販売しているようです。

  その意味では、算出額から補助金わ差し引いた額が上限の価格目安と

  考えられます。



  

   国の補助金制度を利用する場合は、

   「太陽光発電普及拡大センター」

   (J -PEC=ジェイーペック)へ申し込み

   手続きをする必要があります。

   その交付額の目安を計算してみましょう。


  基本の計算式は↓

       1kwあたりの補助金は 48,000円×公称最大出力(kw)

  申し込みから交付までには太陽光発電普及拡大センターへ書類を2回

  提出(郵送)する必要があります。



   ●1回目: 「補助金申請書」を提出、太陽光発電システム設置工事着工

    前に「補助金申し込み受理決定通知書」を受け取ります。



   ●2回目: 設置工事完了し、電力需給開始後、「補助金交付申請書(兼

     完了報告書)」を提出し、「補助金交付決定通知書」を受け取ります。

   

   
    現実には、補助金申請書類は施工業者が全部代行してくれますので、

    最低限の書類を用意しておけば、スムーズに申請できます。
  
















我が家の設置導入リポート編
システム詳細 見積もり書 補助金手続き編
ソーラーローン 契約編 設置工事編
運転・発電開始 トラブル編 発電・売電レポート

Copyright (C)2012〜太陽光発電入門ナビ All Rights Reserved