融資制度

現在位置:太陽光発電入門ナビ:太陽光発電システムの融資制度      

サイトマップ
太陽光発電の最新情報   太陽光発電のQ&A 我が家発電レポート 管理人の部屋
  
   2011.03.11の東日本大震災は多くの犠牲者を出し、私達に自然の脅威を見せ付けました。
   また、福島原発事故で将来エネルギーへの不安が広がり、そんな中で見直されたのは太陽光発電です。
   被災地にある我が家では太陽光発電システムが多いに活用でき、いざという時に役に立つものだということは
   リアルに証明されました。

   太陽光発電について分りづらいが沢山ありますが、実際に太陽光発電システムを導入した経験を基に、
   より多くの方に太陽光発電のことを理解して頂きたくサイトを立ち上げました。どうぞご参考までご利用ください。



 

基礎知識編

太陽光発電とは 

 
太陽電池の歴史

 太陽光発電の用途

 身近な太陽電池製品

太陽光発電システムについて

 分類と構成

  
 
関連設備と役目

 
日本大手メーカーガイド

太陽光発電の特徴

導入のメリット&デメリット

日照・季節と発電量の関係

太陽光システム費用編

太陽光システムの費用

補助金・助成金制度

融資制度について

余剰買収と全量買収制度

設置費用回収の目安

導入前のチェックポイント
  
メーカー特徴を把握

システム価格比較ポイント

保証期間&メンテナンスを比較

資料を集める

自家消費電気量を調べる

資金について検討する

見積書を取る

発電シミュレーションをしてもらう

契約前の確認すべきポイント

割安電力の利用について

導入後やるべきこと
  
発電量を記録する

定期点検について

電化製品の有効利用

故障と思ったら

トラブル対処方法

施工業者を選ぶポイント
 
悪質訪問販売に注意

災害時の太陽光発電

自立運転とは

災害時使用方法

停電時の使用方法
 
自然災害への耐久力について

東日本大震災で役に立ったこと

その他の気になること

大震災後の太陽光発電事情

世界の太陽光発電事情

   
 太陽光発電システムの融資制度(ソーラーロン)について


  
 
   補助金制度により、自己負担額が減っても、

    設置費用を一括払いとなると、金額の大きさに躊躇することもあるでしょう。


    このように時は、

    太陽光発電の設置を対象とした融資を受けることができます。

 

    銀行や信販会社などの金融機関で扱う「ソーラーロン」の場合は、各金融

    機関によって金利が異なりますが、概ね3%前後と低金利となっています。

    リフォームの際に設置することで、リフォームロン自体の金利が低くなる

    ケースもあります。



    ソーラーロンを利用する場合は、施工業者が提携している信販会社か、

    自分が直接銀行などの金融機関に申請することができます。



    自分申請するのは面倒だと思って、手続きを簡略したい場合、

    施工業者が他の手続きとあわせて行われてくれる提携ローンのほうが

    手間かかりませんが、銀行のほうが金利が安い場合もあります、

    どちらかよいのか、じっくり検討する必要があります。



    また、住宅債権や住宅積み立て郵便貯金の積み立てをしている

    人が、住宅金融金庫の融資を利用する場合は割増融資を受けることが

    できます。


    融資の対象に認定されている機器で、最大出力 3KW 以上であること

    が条件ですが、銀行より金利が低いのが特徴です。



    このほか、メーカー独自の融資で、リフォームのローンも一緒に組める

    ものや、地方自治体が融資を斡旋しているケースもあります。


    地方自治体の場合は、無利子や低金利のところが多いです。

    もし設置地域の自治体が融資の斡旋を行っているなら、

    まず検討してみる価値はあるでしょう。
















我が家の設置導入リポート編
システム詳細 見積もり書 補助金手続き編
ソーラーローン 契約編 設置工事編
運転・発電開始 トラブル編 発電・売電レポート

Copyright (C)2012〜太陽光発電入門ナビ All Rights Reserved