太陽光システムの分類と構成

現在位置:太陽光発電入門ナビ:太陽光システムの分類と構成      

サイトマップ
太陽光発電の最新情報   太陽光発電のQ&A 我が家発電レポート 管理人の部屋
  
   2011.03.11の東日本大震災は多くの犠牲者を出し、私達に自然の脅威を見せ付けました。
   また、福島原発事故で将来エネルギーへの不安が広がり、そんな中で見直されたのは太陽光発電です。
   被災地にある我が家では太陽光発電システムが多いに活用でき、いざという時に役に立つものだということは
   リアルに証明されました。

   太陽光発電について分りづらいが沢山ありますが、実際に太陽光発電システムを導入した経験を基に、
   より多くの方に太陽光発電のことを理解して頂きたくサイトを立ち上げました。どうぞご参考までご利用ください。


 

基礎知識編

太陽光発電とは 

 
太陽電池の歴史

 太陽光発電の用途

 身近な太陽電池製品

太陽光発電システムについて

 分類と構成

  
 
関連設備と役目

 
日本大手メーカーガイド

太陽光発電の特徴

導入のメリット&デメリット

日照・季節と発電量の関係

太陽光システム費用編

太陽光システムの費用

補助金・助成金制度

融資制度について

余剰買収と全量買収制度

設置費用回収の目安

導入前のチェックポイント
  
メーカー特徴を把握

システム価格比較ポイント

保証期間&メンテナンスを比較

資料を集める

自家消費電気量を調べる

資金について検討する

見積書を取る

発電シミュレーションをしてもらう

契約前の確認すべきポイント

割安電力の利用について

導入後やるべきこと
  
発電量を記録する

定期点検について

電化製品の有効利用

故障と思ったら

トラブル対処方法

施工業者を選ぶポイント
 
悪質訪問販売に注意

災害時の太陽光発電

自立運転とは

災害時使用方法

停電時の使用方法
 
自然災害への耐久力について

東日本大震災で役に立ったこと

その他の気になること

大震災後の太陽光発電事情

世界の太陽光発電事情

   
 太陽光発電システムの分類と構成


   太陽光発電システム大きく分けて、

   「独立型システム」と「系統連系システム」の2つに分類されています。



   太陽光発電システムは蓄電機能がありませんので、

   一般の住宅などで利用する場合には、夜間や天気が悪い日の電力

   不足解消として送電線を通じて電力会社から電気を供給してもらいます。

   この利用形態を「系統連系型」といいます。



   「系統連系型」と違って、送電線につながらず、システムに蓄電池を

   取り付けて利用する形態もあります。これが「独立型」といいます。



   そもそも世界で始めて実用化された太陽電池は、人工衛星の電源

   として使用されたのは独立型でした。



   このように、独立型は無線通信網の中継基地局や、船舶、自動車の

   補助電源など送電線がつなげない場所で利用され、その用途が拡大

   拡大しつつある。



   また、独立型は非常用の電源として停電などに役に立ちます。



   一般的な住宅の場合は、送電線を通じて電力会社から不足分の電気を

   買ったり、余った電力を売ったりするため、「系統連系型」の太陽光発電

   システムを設置します。



   「系統連系型」システムは、一般的に

   「太陽電池パネル」、「接続箱」、「パワーコンディショナ」、「分電盤」、

   「電力量計」で構成されています。



   設置やメンテナンスは業者の方が行うので、直接これらの機器に触れる

   ことがありまないですが、太陽光発電を始めるということは、ご自宅に

   小さな発電所を構えるようなものです。それぞれの機器の役割を知り、

   発電量を把握に努めたいものです。



   詳細は次のページへ













我が家の設置導入リポート編
システム詳細 見積もり書 補助金手続き編
ソーラーローン 契約編 設置工事編
運転・発電開始 トラブル編 発電・売電レポート

Copyright (C)2012〜太陽光発電入門ナビ All Rights Reserved