top理想的な食事=日本食

理想的な食事&日本食

理想的な食事と日本食の話

スポンサードリンク


    食育の大切さ




     理想的な食事とは、一日にとるエネルギーの比率が、
     タンパク質が15%、脂質は25%、炭水化物は60%となる食事のことです。


     背景として、1977年、アメリカが生活習慣病を減少させるために、
     理想的な食事目標を打ち出しました。
     その理想的な食事の目標は当時の日本食
     ほぼ同じだったので、日本食が注目され始めたそうです。

     注目される理由は摂取エネルギー中の脂肪の比率が低く、炭水化物の比率が高く、理想に
     近いというところだそうです。


     日本食というのは、
     和食を中心とした伝統的な主食、主菜、副菜がそろった食事のことだといわれてきました。
     このような食事を取ることによって、健康にいいとされるエネルギー量とバランスの取れた
     栄養が、悩みなく苦労なくごく自然に摂れます。日本人の平均寿命が男女とも世界一という
     事実がその証明でもあります。

今、私たちの食生活は、
和食のほかに、中華風料理、イタリア風料理、ドイツ風料理など、
世界中の味が簡単に味わえるようになってきました。

     それとともに、日本の食卓も欧米化になって、肉や卵や牛乳などの動物性食品を多く摂る
     ようになりました。このような変化とともに、以前日本人の食事の中心であった米や野菜や
     大豆などをだんだん食べなくなってきました。

  
     ところが、欧米の各国では、日本食がブームになってどんどん広がっています。大都会では、
     必ずあちらこちらにジャパンニーズレストランが見られます。日本食に関する話題もとても
     人気があるそうです。

     
     欧米の知的でおしゃれな人たちの間では、お箸を上手に使えることがみんなの
     憧れだという話も聞きました。

     日本食離れが進んでいる日本と日本食がブームとなって広がっている海外、
     なんともいえない皮肉な話ですね。


     話は戻りますが、長寿を支えてきた伝統的な食生活の特徴についてちょっと考えてみましょう。
     日本の食生活は実に高温多湿の気候と大きな関係があります。
       
     日本の気候の特徴といえば、
     やはり四季がはっきりと変化するところでしょう。
     高温多湿の気候はお米が多く取れるとともに、
     季節ごとに、旬という新鮮な野菜や果物などの
     食材が手に入ります。

     さらに、山と海に囲まれた日本が「山のものと海のもの」という食材を生み出します。
     そのほかに、日本は一年中湿度が高いので、食べ物がカビやすく、保存しにくいという問題を
     解決するために、いろいろな工夫を行ってきました。そして、できたのが、漬物などの
     発酵食品や、塩漬け、味噌漬けなどの食品でした。


     昔の家庭料理の基本は「一汁三菜」と言われてきましたが、その基本はお米と味噌でした。
     このような私たちの生活に欠かせないヘルシーな食材が、現在、海外で人気を呼んでいます。
     その代表は「味噌」だそうです。
「畑の肉」と呼ばれた大豆を使用した味噌や、醤油や豆腐など、
日本の伝統的な食品は体にいいだけではなく、
脳の健康にも大きくかかわっていることもわかっています。

     資料によりますと、
     味噌の材料である大豆のなかには36%のタンパク質と16%の脂肪分を含んでいます。


     また、大豆のなかには脳の働きをよくするレシチンという成分が多く含まれています。
     この成分は細胞の構成成分で、「脳の栄養素」とも例えられるほど、脳にたくさん存在します。
     脳細胞の活性化を促すので、記憶力を増大させるという研究結果が注目されています。


     お米にも実はかなりの良質なタンパク質やビタミンB群が含まれています。
     ただ、精白したお米ではビタミンB群などがほとんどなくなっているといわれますが、
     玄米や発芽玄米であれば、ビタミンB群などが豊富に含まれていて、
     非常にバランスのいい栄養食ともいえます。

     特に、その中のビタミンB1は脳の働きを活発にし、ぶどう糖がエネルギーに変わることを
     サポートする機能があるといわれています。
    
     
     また、発芽玄米のなかに多く含まれているギャバというアミノ酸は、不安やイライラを鎮めたり、
     脳細胞の代謝を促進したりするほか、多くの効果が期待できる、優れた成分であり、
     現在特に注目されています。


     そのほかに、脳を活発にしたり、脳の老化を防いでくれる食材は、結構身近にあるんです。
     一番脳に良い食材の代表は魚に含まれるDHAやEPAです。
     これらの成分が脳内では神経伝達をスムーズにして、記憶する力を高めてくれるのです。
たとえば、まぐろには脳を活性化させるDHAがとっても豊富で、
とくに中トロ、目の裏側の脂肪分に多く含まれているそうです。

     このような日本食は、昔から私たちの身体に適合した素晴らしい食物で、
     お米も、味噌も、魚も、どれも私たちの身近な食材です。
     バランスよく食べるのは大切ですね。関連の話をもう少し話してみたいと思います。


     「まごわやさしい」ということばをご存知の方が多いと思いますが、
     これは医学博士の吉村裕之先生が教えてくれたバランスの良い食事の覚え方です。
     この言葉の中に噛み応え十分な、栄養価の高い、ぜひ積極的にとりたい食べ物が
     たくさん含まれています。
     これらの食べ物が日本食の基本とも言われています。これを日本の野球や
     サッカー選手の毎日の食生活に、実際に栄養士たちが取り入れて使っているそうです。


     その内容といいますと、




     「豆」   豆類のことですが、納豆、ピーナッツ、豆腐、味噌など。今注目されています!
     良質なタンパク質源で特に大豆イソフラボンが、更年期障害・骨粗鬆症・がん・美容に
     効果があるといわれています。


     「ごま」 天然のサプリメントとも呼ばれ、ポリフェノール、βーカロチン、ビタミンCなどの
     抗酸化物質が含まれおり、さまざまな生活習慣病や老化の原因といわれている活性酸素を
     取り除く働きをもちます。小じわを防いで、つややかな肌をたもつ効果があります。
    

     「わかめ」 わかめや昆布などの海藻類を指しますが、カルシウム・マグネシウム・鉄・ヨウ素・
     亜鉛・鉄などミネラルがたっぷりの健康食で、ミネラルの補給にも最適です。
     また、育ち盛りの子供は骨や歯を丈夫にします。食物繊維は野菜、果物よりも多く、
     コレステロールを正常に保つ作用があります。


     「野菜」  種類が多いですが、お勧めは緑黄色野菜です。
     緑黄色野菜というのは新鮮な野菜100g中にベータカロチンを
     600μg 以上含んでいるもの。
     (野菜の色で分類しているではありませんよ)

     ベータカロチンたっぷりの野菜:トマト、にんじん、ほうれん草、小松菜、かぼちゃ、ピーマン、
     ブロッコリ、しそ、パセリなどがあげられますが、現在56種類もあるという。
     ベータカロチンには、体内の「活性酸素」を減少させる効果があり、がん、心臓病、
     脳卒中などの成人病は、殆どがこの活性酸素が原因だと言われています。
  
     「魚」   特に小魚がお薦め。小魚はカルシウムの宝庫です。
     カルシウムが不足すると、骨や歯がもろくなるだけでなく、
     いろいろな症状を引き起こし、
     イライラしたり怒りっぽくなるのもそのひとつです。


     「しいたけ」きのこ類のことです。
     食物繊維、ビタミンB群、ビタミンD2、ミネラルなどの栄養素を
     豊富に含んだ低カロリー食品といえます。
     便秘、生活習慣病を予防する効果があります。
     
     「いも」  じゃがいも、さつまいも、里芋、山芋など。
     でんぷん、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富です。


     この「まごわやさしい」という言葉がまさに見事に日本の伝統食材をまとめてくれました。
     現代食生活がこのような食材からだんだん離れてしまったから、
     いろいろな健康トラブルが起こるようなったとも言われていますが、
     栄養バランスが崩れた食生活が日本人の健康を直撃しています。
     世界一の長寿国という神話がいつまで続けられるかと
     今から考えなければなりませんね〜!

     ここで提案したいのは、
     ぜひ日本の伝統的な和食を見直して、
     「まごわやさしい」を食事のキーワードに、
     バランスのよい生活を立て直してみましょう!
                          








トップ〜
食育と健康な暮らし






食育の大切さについて





健康な体と栄養





食生活の
見直しについて





生活習慣病&肥満





キレる子供の食生活





ボケ防止の食生活





食生活指針





理想的な食事=日本食





身近なあれこれ


話題の食材と
その健康パワー







この豆知識って
知ってるかな







 とっておきー
 我が家の自慢料理







家庭菜園で
無農薬野菜作り







夢の庭造り






パパの週末DIY





ママのリサイクル手芸





愛犬物語





















































   理想的な食事=日本食のページ
URL:http://www.hdt185.net/
 Copyright (C) 食育と健康な暮らし All Rights Reserved