topボケ防止の食生活

ボケ

ボケ防止の食生活について

スポンサードリンク
    食育の大切さ


       ボケないための栄養ナビ」のサイトも公開中!
      ボケないための様々の情報を紹介しています、どうぞご参考に!






     ボケって、何でしょう?
     ボケは医学的には「痴呆」呼ばれ、公的には「認知症」と呼んでいるようです。
  現在、日本全国で痴呆患者数は約150万人もいるそうで、
しかし、効果的な治療法がまだみつかっていないと言われています。

ボケの治療は難しいですが、生活習慣の改善によって、ボケ防止が
できると言われています。
そして、現在特に、栄養によるボケ防止への関心が集まっています。

    「最近は物忘れがひどくなった。もうボケ始めたのか。」と心配する人もいるかも知れません。
    でも、心配は無用みたい!
     
    お医者さんの話によると、これはボケではなく、病気でもない。
    これは「健忘症」(けんぼうしょう)という自然現象です。
    人間は年をとると、自然と脳の働きが衰えてくるといわれています。

    これに対して、ボケというのは脳の器質性病変によって起こる症状で、
    脳の機能が著しく低下した状態のことだとされています。自分でも気づかないうちに、記憶力や、
    思考力、判断力などが失われていきます。
    健忘症は進行しませんが、ボケは進行して、症状が徐々に悪化すると言われています。


    ボケになる原因は二つあるとされています。一つは、脳出血や脳梗塞などの脳血管の病気、
    もう一つはアルツハイマー病です。
    特に、アルツハイマー病は近年来増加傾向だそうです。
    主に栄養不足や偏り、運動不足、休養不足、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣が原因で
    発病するとされています。  
    
    つまり、ボケというのは生活習慣病の延長にある病気です。
    ボケ防止のために、まずは高血圧や、肥満、糖尿病などの
    生活習慣病の予防から行うべきだといわれています。
    というのは、
    生活習慣病を予防することはボケの危険因子を取り除くことに
    つながっているということです。

    ボケは脳の病気なので、健康な脳を保つためには、
    「バランスの取れた規則正しい食生活と適当な運動が必要」とされています。
    ということで、ボケ予防に、
    大切なのは脳を活性化させるために、栄養素をバランスよく摂ることです。


    糖質、タンパク質、脂肪、ビタミンB群とビタミンE、食物繊維、ミネラルなどが脳を
    活性化させる必須栄養素です。
    

    これらの栄養素は私たちの日常の生活の中にうまく取り込んでいけば、
    ボケ防止の効果が期待できるといわれています。

さらに、専門家が食事に関しては、
特に魚と緑黄野菜を多く摂ることを薦めています。
というのは、脳を活発に働かせるためには、タンパク質が不可欠です。

    肉も、魚も良質なタンパク質ですが、その違いはそれぞれの脂質を構成する脂肪酸です。
    魚に含まれている脂肪酸は脳にいい効果をもたらすといわれて、特に旬の青魚の脂の中に
    多く含まれているDHAとEPAという脂肪酸が動脈硬化や血栓を予防し、脳の炎症を抑え、
    アルツハイマー病を防ぐ効果があることがわかっています。


    また、脳の老化を防ぐために、
    緑黄野菜に多く含まれているビタミンB群やビタミンCやビタミンEなどが必要です。
    これらのビタミン類が不足すると、
    活性酸素の活動を防ぎきれずに、
    脳内の酸化が進み、老化が進行してしまいます。


    ビタミン類は体内で作ることができませんので、
    緑黄野菜を摂ることによって摂取するしかないです。

    そのほかに、脳の働きを守るために、ミネラルや食物繊維も欠かせません。
    すべてのミネラルは体内で合成できません。
    各種類のミネラルの必要の量がわずかといっても、
    お互いの相互働きによって、脳の働きを守ってくれます。

    その代表なミネラルはカルシウムとマグネシウムです。
    体内に存在しているカルシウムの99%は骨や歯の成分です。
    カルシウムが不足になると、骨の中のカルシウムが血液や筋肉に放出されます。
    これが長く続くと、骨がだんだんもろくなり、骨粗しょう症になってしまいます。


    また、カルシウムは神経の働きを調節する働きもあります。不足なるとイライラしたり、
    精神不安定の状態になりやすいです。

    
    マグネシウムはカルシウムの機能を調節する機能があり、カルシウムのバランスが
    とても大事です。カルシウムとともに、脳の神経伝達にかかわり、ビタミンB群の働きを助けて、
    エネルギーの代謝を促進し、疲労回復にも効果的です。


    また、マグネシウムが不足になると、心臓などの筋肉の収縮がうまく行かずに、脳梗塞や
    心筋梗塞を招く恐れがあります。

    体内での掃除役という食物繊維自体は栄養がありませんが、掃除役を果たして、便秘や、
    肥満、大腸がんなどの生活習慣病を予防できます。


    もう一つ、ボケ防止にとても大事のことがあります。それは食事の摂り方です。
    早食いや、過食、過度のダイエットも脳の健康に害をもたらします。
    特にダイエットの方が極端な小食や偏食を長年続けると、アルツハイマー病にかかりやすい
    という事実が明らかになっているそうです。
    
    食事をするときに、ゆっくり噛んで食べるほうが、
    脳を活性化させられるという研究結果があります。
    
    つまり、噛むことによって、大脳への血流が増加し、記憶力を
    つかさどる海馬という場所が活性化するといわれています。

    そのほかに、「積極的に料理をすることも、脳の働きをよくする」と、「脳を鍛える計算ドリル」で
    すっかりお馴染みな川島隆太教授とその研究チームが科学的に実証されたそうです。


    以上、食事によって、ボケ防止ができるといいましたが、治療とは違いますので、
    期待過ぎるのも禁物と言われています。
    というのは、同じ食事をしても、ボケやすい人とボケにくい人がいます。
    ボケが起こりやすい人には明らかな共通点があるそうです。


    その共通点というのは:
★趣味がほとんどない
★生きがいと呼べる目標のようなものがない
★人との会話や交流が少ない
★体を動かすのがきらい
★仕事一筋、生活には感性が乏しい

     この共通点から見れば、、日常の生活習慣もボケにつながっていることですね。
     
     
     では、ボケにならない様に、痴呆を防ぐために、
     現在痴呆のリハビリによく提唱されている「ボケない10か条」をご紹介させていただきます。

     @ 気を若く、いろいろなことに関心をもつ。常に脳に新鮮な刺激を与える。
     A いつも細かな気配りを。他人と良好なコミュニケーションをもつ。
     B できるだけ趣味をもつ。生活に張りをもち、手先きをよく動かす。
     C よく運動する。歩いたり、こまめに体を動かす。
     D 塩分をとりすぎない。高血圧への注意。
     E 動物性脂肪をひかえ目に。コレステロールや中性脂肪に注意。
     F 深酒をしない、タバコは吸わない。規則正しい生活をする
     G 血圧のコントロールに気をつける。脳卒中への注意。
     H 定期検診をうける。病気は早期発見、早期治療に心がける。
     I 筆まめに。日記や手紙を書く

     以上の内容から見ると、
     ボケ防止は一日、二日のことではなくて、
     毎日の生活と深い関係があることがわかっています。
     ボケ防止のために、食生活習慣の改善とともに、
     前向きの気持ちも大切ですね。
     

                                           

         ボケないための栄養ナビ」のサイトも公開中!
      ボケないための様々の情報を紹介しています、どうぞご参考に!








トップ〜
食育と健康な暮らし






食育の大切さについて





健康な体と栄養





食生活の
見直しについて






生活習慣病&肥満





キレる子供の食生活





ボケ防止の食生活





食生活指針





理想的な食事=日本食





身近なあれこれ


話題の食材と
その健康パワー







この豆知識って
知ってるかな







 とっておきー
 我が家の自慢料理







家庭菜園で
無農薬野菜作り







夢の庭造り






パパの週末DIY





ママのリサイクル手芸





愛犬物語
































































































































 ボケ防止の食生活のページ
URL:http://www.hdt185.net/
 Copyright (C) 食育と健康な暮らし All Rights Reserved